〒047-0044 北海道小樽市梅ヶ枝町24番13号

内科:0134-31-3131

歯科:0134-61-7632

診療案内|小樽市梅ヶ枝町で内科・歯科をお探しの方はなつい胃腸内科・歯科クリニックまで

TOP >  診療案内

一般歯科

  • 歯が痛い
  • 歯ぐきが腫れている
  • 入れ歯を作りたい など

一度削ったり抜いたりしてしまった歯は、元に戻すことができません。歯がないと毎日の食事や会話もうまくできず、歯は私たちが生活していくうえでとても大切なものなのです。日本人が歯を失う2大原因は、加齢ではなく「むし歯」と「歯周病」です。歯を失わないためにも、気になる症状があれば早めに受診して治療を受けましょう。もし歯を失ってしまった場合は、お口に合う義歯を製作または調整いたします。歯のことでお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

当院の入れ歯の種類について

当院では保険診療の入れ歯以外に、自由診療の入れ歯も取り扱っています。
自由診療だと入れ歯の素材の選択肢が広がるので、装着感や使用感など、よりお一人お一人のお口にあった入れ歯を製作できます。

ノンクラスプデンチャー
金属の留め具の部分を歯肉と同じ色のやわらかな樹脂で作る入れ歯です。金属の留め具がないので、自然な見た目になり、入れ歯をつけていると周りに気づかれにくいのが特徴です。樹脂なので弾力があり、割れにくいですが、樹脂の部分が折れやすいので取り扱いには注意しましょう。

コンフォートデンチャー
床の部分にシリコンを使った入れ歯です。ゴムのように柔らかいシリコンが顎にフィットして固定されます。使いやすい半面、顎の骨がやせるとフィットしにくくなります。

金属床義歯
歯肉に触れる床の部分が金属製になった入れ歯です。プラスチック製よりも強度があるため薄く作ることができ、保険診療の入れ歯に比べ話しやすく違和感が少なめです。
ゴールド、チタン、コバルトクロムなどの金属があり、耐久性にも優れています。

小児歯科

  • 子どものむし歯を治療したい
  • 子どものむし歯を予防したい
  • 子どものむし歯が気になる など

お子さんの歯は大人の歯よりも弱く、むし歯の進行も早いことが特徴です。また、乳歯のむし歯を放っておくと、永久歯もむし歯になる・まっすぐ生えてこないなど、将来的にも悪影響を及ぼします。そのため、「むし歯かな?」と思ったら早めに治療しましょう。当院では歯科医院への苦手意識を植え付けないように、柔らかい雰囲気で、ステップを踏んでお子さんが慣れていかれるよう配慮しています。スタッフ一同子どもに慣れているので、安心しておまかせください。

予防・クリーニング

  • むし歯や歯周病から歯を守りたい
  • いつまでも自分の歯で暮らしたい
  • お口から全身の健康を守りたい など

むし歯や歯周病は「歯が悪くなってから治療する」のではなく、「歯が悪くなる前に予防する」ことが重要です。当院では、むし歯や歯周病を予防するための治療やクリーニングなどのケアを行っています。さらに、適切な歯磨き方法のアドバイスや、歯質を強くするフッ素塗布などで、むし歯や歯周病のリスクを軽減して、皆さんのお口の健康をお守りします。

ホームホワイトニング自由診療

  • 歯を白くしたい
  • 白さを長持ちさせたい
  • 隙間時間でホワイトニングしたい など

当院では、ご自宅でお好きな時間に行っていただく「ホームホワイトニング」を行っています。クリニックでマウスピースを作り、ご自宅で専用の薬剤を流し込んでお使いいただきます。低濃度の薬剤を用いて、時間をかけて歯の内部までじっくり染み込ませるので、白さが長持ちしやすいことが特徴です。歯科医院に通う時間がなかなか取れない方にもおすすすめです。

※ホワイトニングは口腔内の状態が安定していることが必要です。むし歯・歯周病などがある場合は、治療完了後に行います。
※一時的に知覚過敏が起こることがあります。

型取り・マウスピース不要の
ホワイトニング

当院で使用している「オパールエッセンスGo」は、従来のホームホワイトニングと違ってマウスピースを作る必要がなく、即日からホームホワイトニングを始められるのが特徴です。
付属のトレイを優しく噛むと体温によってトレイが変形し、歯列にしっかりフィットします。トレイにはあらかじめホワイトニングジェルが充填されているので、あとは決められた時間装着を続けるだけでホワイトニングができます。
詳しくは歯科医師にお問い合わせください。

マウスピース型矯正装置自由診療

  • 歯並びを整えたい
  • 口元の見た目を良くしたい
  • 目立たない矯正装置で治療したい など

当院では、透明なマウスピース型矯正装置で部分的な矯正を行うことができる「アソアライナー」という矯正治療システムを採用しています。主に、笑顔になったときに見える範囲の歯(前歯)が対象で、歯並びが悪い、部分的にかみ合わせを治したいといった治療に向いています。アソアライナーでは治すことのできない場合は、矯正歯科の専門医をご紹介します。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

審美治療自由診療

  • 金属の詰め物、被せ物を白くしたい
  • 詰め物、被せ物の金属アレルギーが気になる
  • 歯の欠け、大きさ、隙間をきれいに整えたい など

お顔全体の印象は、口元で決まります。当院では、見た目の美しさはもちろん、噛む・話すといった機能面も重視して、できる限り自然で健康的な仕上がりをめざしています。症状やライフスタイル、ご予算などに応じて治療方法をご提案いたしますので、金属の詰め物や被せ物を白くしたい、歯の隙間が気になるなど、まずはご希望をお聞かせください。

一般内科

  • 風邪症状(咳、のどの痛み)、発熱
  • 頭痛、めまい、動悸、息切れ
  • アレルギー症状(花粉症、じんましん、気管支喘息) など

咳や鼻水といった風邪の症状をはじめ、頭痛や発熱、インフルエンザなど内科全般の診療を幅広く行います。身体になんとなく違和感がある、だるいなど、どの科にかかればいいかわからない場合にも、お気軽にご相談ください。症状に応じて、レントゲン撮影や血液検査なども実施します。

消化器内科

  • 胸やけ、のどのつかえ
  • 吐き気、胃痛、食欲不振
  • 腹痛、下痢、便秘、血便 など

胃痛・腹痛・下痢・嘔吐といった胃腸の不調をはじめ、肝臓・胆道・膵臓などの消化器全般の症状を診療しています。消化器の不調は悪性疾患が原因となっている場合もありますので、気になることがあれば早めにご相談ください。症状に応じて、内視鏡検査やピロリ菌検査などを実施します。

生活習慣病・糖尿病

  • 高血圧、高脂血症(脂質異常症)、糖尿病
  • 健康診断で指摘を受けた
  • 頻尿、異常なほど喉が渇く など

生活習慣病とは、肥満・糖尿病・高血圧症・脂質異常症・動脈硬化など、生活習慣が原因で起こる病気のことです。それぞれの病気自体が軽くても、複数の病気を発症すると健康が大きく損なわれることになりかねないため、定期的に健康診断を行うことが大切です。食生活や喫煙、飲酒、運動などの生活習慣を見直して、症状の改善と病気の予防に努めましょう。症状に応じて、超音波検査などを実施します。

予防接種

  • インフルエンザ
  • 肺炎球菌
  • 帯状疱疹
  • はしか/風疹(MRワクチン)
  • その他各種予防接種

当院では、インフルエンザなど各種予防接種を実施しています。予防接種によって、防ぐことのできる病気が多くあります。ワクチンの種類によっては在庫がないものがありますので、ご希望の方はあらかじめお電話にて確認ください。

訪問診療

  • 身体が不自由で通院が難しい
  • 胃ろうなど寝たきりの状態
  • 認知症が進んでいて通院が難しい など

近隣にお住まいの方、かかりつけの患者さんやそのご家族で、通院が難しい方には、ご自宅や施設への訪問診療を行っています。まずは患者さんの状態やご家族のご都合、お住まいの地域などの確認のうえ、詳細についてご相談させていただきます。ご本人、またはご家族やケアマネージャーの方が、お電話にてお問い合わせください。

健康診断

  • 一般健診、企業健診
  • 生活習慣病予防健診
  • 特定健診
  • 胃がん・大腸がん健診 など

各種健康診断・がん検診などを実施しています。健康診断は定期的に行うことが大切で、病気の早期発見・早期治療を可能とするほか、数値の変化を把握することで、病気の予防にもつながります。年に1度の健康診断を習慣にしましょう。

医療情報取得加算に関する掲示

当院は、マイナ保険証の利用や間診票等を通じて患者さんの診療情報を取得・活用することにより、
質の高い医療の提供に努めている医療機関(医療情報取得加算の算定医療機 関)です。
国が定めた診療報酬算定要件に従い、下表のとおり診療報 酬点数を算定します。

区分マイナ保険証利用
(情報取得同意)
点数
初診する1点
しない3点
再診 (3月 に1回)する1点
しない2点

※正確な情報を取得・活用する為、マイナ保険証によるオンライン資格確認等の利用にご理解ご協力をお願いします。

外来感染対策向上加算について

内科は、受診歴の有無に関わらず、発熱その他感染症を疑わせる症状を呈する患者さんの受け入れを行なっております。
又、院内感染防止対策として、必要に応じて次のような取組を行なっています。

  • 感染管理者である院長を中心に従業員全員で院内感染対策を推進します。
  • 院内感染対策の基本的考え方や関連知識の習得を目的に、研修会を年2回実施します。
  • 感染性の高い疾患(インフルエンザ、新型コロナウィルス感染症など)が疑われる場合は、一般診療の方と分けた診療スペースを確保して対応します。
  • 抗菌薬については厚生労働省のガイダンスに則り、適正に使用いたします。
  • 標準的感染予防策を踏まえた院内感染対策マニュアルを作成し、従業員全員がそれに沿って院内感染対策を推進していきます。
  • 当院では「外来感染対策向上加算」を算定しており、感染対策に関して小樽市医師会と連携し定期的に必要な情報提供やアドバイスを受けています。

医療DX推進体制整備加算について

内科は医療DXを推進して質の高い医療を提供できるように体制整備を行っております。

  • オンライン資格確認等システムにより取得した医療情報等を活用して診療を実施しております。
  • マイナ保険証利用を促進するなど、医療DXを通じて質の高い医療を提供できるよう取り組んでおります。
  • 電子カルテ情報共有サービスの取り組みを実施してまいります。(今後導入予定です。)